FC2ブログ
妖艶に誘う

花の乱舞

艶かしい笑み

闇を隠す

爪に似た月

疵を付けて

切り裂いた空

悲鳴をあげ

滴り落ちる蜜

紅の色味

手招きするは

過去の亡者

哄笑は夜に

溶けて広がる

緋色に染まる

白磁の肌

濡れそぼる瞳

硝子の様

眠れし骸

魂を囚われ

咲き誇る桜が

絡め取る心

濃厚に香る

紅き夜に

舞い散りし桜

闇を隠す
スポンサーサイト



2007.03.23 Fri l 一枚の茶葉 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鏡に映った画のように
流れていく時間
それを確かめるには
背を向けなくてはならない
見えているものは
裏返しの世界
あるはずの景色は
後ろに広く連なる
逆さまの私の向こうに
広がっているのは
逆さまの時間なのに
振り返ったら
見えなくなるから
虚像の時間に
冷たく触れる
ここにいるのは誰
そこにあるのは何
逆転の私に遮られ
見つからない
分かる
分からない
なにもかも
2007.03.23 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top