FC2ブログ
雨粒が町を濡らし
空の境目を隠す
狭められたこの世界を
小さな窓から見ている

湿気た空気の中で
誰もが声を潜めてる
今ならもう何もかも
洗って攫って流れてく

たどり着いた雲の糸
音を立てて降り注ぐ時間
町は砂時計の中
登る前に
堕ちていく


窓ガラスに映りこむ
褪めた色した薄灯り
照らされた顔はどこにも
見えない誰にも分からない

水溜りを蹴り上げて
町を駆け抜ける車
赤く光る目の中に
探した面影見当たらない

手繰り寄せた雲の糸
ばらばらにちぎれて降り注ぐ
町は時を抜け出して
明日さえも
拒んでいる
2007.03.15 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ぽっかりと
空いてしまった
地図の中
遠い昔に
住んでいた
寂れたアパートは
もう
跡形もない
蜃気楼のように
立ち昇る
幻の中に
あたしがいた
手摺に座ってた
階段を飛び降りた
塀の上を駆け抜けた
あたしがいた
土地は掘り返され
均されて
いつか
幻も埋められる
片隅に咲いた
名も知らぬ野草も
光るガラスの欠片も
埋まっていく
小さな白いその花を
一輪
持ち帰った
残された幻は
風に吹かれて
揺らいで
消えた
ビルが建っても
公園になっても
そこにはもう
あたしはいない
2007.03.15 Thu l 花膳 l コメント (5) トラックバック (0) l top
君に逢いたくて
ただそれだけで
ここに来る
君の来る
あてもないのに

君に告げたくて
ただそれだけが
言えなくて
別れだけ
近づいている

君に逢いたくて
ただそれだけを
願ってる
会いに行く
勇気もないのに
2007.03.14 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スイッチが切れるように眠り
新たな電池を入れたように目覚める
幼い頃のような疲れを
感じたことはあるか

使いっぱなしのバッテリのように
少しずつ消耗していって
気づいた時には遅い
そんなことはないか

へとへとになって
くたくたになって

それでも
目覚めの待ち遠しい
心地よい疲れを

最近感じたことはあるか
2007.03.14 Wed l 花膳 l コメント (6) トラックバック (0) l top
百万の言葉より

百億の飾りより

数千の沈黙よりも


ありふれた言葉で

君に伝えたい

石ころのように

そこらに転がってる言葉こそ

僕らの世界をつくってる


ありきたりの言葉で

君に伝えよう

雨粒のように

そこらに降り注ぐ言葉こそ

僕らの世界を包んでる



2007.03.13 Tue l 花膳 l コメント (4) トラックバック (0) l top
じっくりとのろのろと

歩いていこう

馬はない

月が出たなら酒を飲み

寒が戻れば火を囲み

ゆっくりとのたのたと

歩いていこう

意味のない

敵兵とともにあるよりは

路傍の花を愛でてこう
2007.03.13 Tue l 花膳 l コメント (3) トラックバック (0) l top
潰しちゃった

ニキビみたいに

気になる

いじっちゃ駄目だと

分かってるのに

気になる

少し膿んでしまった

ふくらみに

爪を立て

押し出してしまいたい

痕が残って

後悔しても

吐き出してしまいたい

腫れ物を触るように

放っておこうか

それとも

潰しちゃおうか
2007.03.12 Mon l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ひらがなの柔らかさ

カタカナの可愛さ

漢字の美しさ

組み合わせの魅力

多種多様な表現

十人十色の言葉

音も仕草も

感情も行動も

私もあなたも

世界も時間も

変幻自在の自由

そして

私は言葉を綴る

想いを語る

この愛すべき言語で

2007.03.12 Mon l 花膳 l コメント (6) トラックバック (0) l top
そんなものは

時間の始まりのように

宇宙の果てのように

なんとなくしか

分からないもの


そんなものは

天上の神様のように

逝った誰かの気配のように

在るとも無いとも

言えないもの


そんなものは

永遠の終わる瞬間や

円周率の最後のように

来ることさえも

分からないもの
2007.03.11 Sun l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
はにかむ君と

甘い蜜月

シロップ漬けの恋

誰も邪魔しない

二人の巣に篭って

ハチミツに包まれた

毎日を送ろう

最後の一滴まで

ハニー

飲み干してあげる
2007.03.10 Sat l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
全て同じ色で
統一してみた
鉄紺色の部屋

月のない夜の
暗さに似た
深い深い部屋

蝋燭の明かりを
揺らめかせて
凪いだ海色の
毛布に潜る


わたしの太陽は

どこ

あなたが来るまで

ここは
夜明けを待つ
鉄紺色の部屋

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鉄紺


(2006/02/05)
2007.03.10 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
出会ったことを

恋したことを

運命なんて

そんな言葉で

片付けないで


別れてしまうことさえ

運命になってしまうから
2007.03.09 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
カラダにいいものを食べ

ココロにいいものを感じ

自然にいいものを愛する

誰にもいいものを取り入れ

何にもいいものを使い

明日にいいものを残す

ゆったりした時間を過ごし

じっくりと考えて選び

にっこりと笑えることを目指し

ほっこりとした気持ちを分ける

ココロもカラダも地球も

豊かになることを願い

光満ちることを望む
2007.03.09 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (1) l top
窓の下
呼ぶ声が
聞こえたら
出かけよう
こっそりと
みな眠る
密やかな
淡い夜

花光る
星月夜
耳元で
囁こう
ひっそりと
町眠る
淑やかな
淡い夢

誰よりも
まっさきに
空の下
駆けてこう
しっとりと
瞳を開く
鮮やかな
淡い春
2007.03.08 Thu l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
想像してみて
今あなたの目の前に
広がる世界

芽吹き始めた若草
膨らみかけた蕾
澄み渡った空
ほころんだ笑顔
雪解け滴る小川
遠くに見える山々
歌い囀る小鳥
穏やかな綿雲
窓辺に差し込む光
テーブルの上にはお茶とお菓子

蓮華
つくし
木蓮


連翹
ガーベラ
チューリップ

青空
春風
太陽
薄雲
ウグイス
メジロ
ヒバリ

想像してみて
あなたの目の前に
2007.03.08 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
というわけで、終わってしまいました、「五十音続き二文字挟みタイトル縛り」(長い上に意味が通じない)

今日からは「いろは続き二文字タイトル縛り」になります。
「いろ~」「ろは~」というタイトルです。さすがに「いろ~いろ」「ろは~ろは」まではまだ。
多分そのうちやるような気もしますが(笑)

どうぞご笑覧あれ。

2007.03.08 Thu l カテゴリの説明 l コメント (0) トラックバック (0) l top
好きと嫌いは似ている


顔も見たくないのに

声も聞きたくないのに

気になってしまう

何をするのか

何を言うのか

恐怖の中で

興味を覚えてしまう

見れば見るほど

厭になるのに

聞けば聞くほど

うんざりするのに


好きと嫌いが似ている

認めたくないけど

それならばいっそ

好きになれたらよかったのに


2007.03.07 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あなたの腕の中にいれば
何も怖くないと思っていた
あなたのぬくもりがあれば
何も恐れないと思っていた

安心の中で
私は少しずつ
鈍磨していった

あなたを失くしたときに
気付いた

あなたの腕の中にいたら
何も動けないことを知った
あなたのぬくもりに甘え
何も生み出さないことを知った

不安の中で
私を少しずつ
取り戻していった

あなたを失くしたとしても
歩ける

あなたの腕の中の世界
心地よくて狭すぎた
あなたのぬくもりの世界
眠気を誘ってつらかった

安心と不安
私は少しだけ
分かった

二人を失くしたくないから
行くこと
2007.03.07 Wed l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
孤独が匂う
四辻の夜
闇に紛れて
鴉が嘆く
呼ばえ
呼ばえ
魔物が囁く
円く馨った
血の色


絶望が歌う
墓石の下
骨に紛れて
記憶が誘う
夜這え
夜這え
蝙蝠が哄う
淡くけぶった
血の色


月も滴る
血の色
夜闇
2007.03.06 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
夜を渡って
ここにきて
待ってるんだ
君を

時を超えて
連れてって
会いたいんだ
君に

望むなら
最後の一滴まで
この紅い血をあげる

願うなら
最後の一欠片まで
この熱い血をあげる

銀の十字架なら
沼の底

祈りの言葉なら
火にくべて

夢を辿って
ここに来て
愛してるんだ
君を
2007.03.06 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ばいばい

夜が来て

朝が来たら

また会う気がするね


おはようって

笑いあって

昨日のドラマの

話をしたり

雑誌を読んだり

しそうだね


ばいばい

夜が来て

朝が来たら

もう違う空の下

なのにまだ

会う気がするね


ばいばいまたね


2007.03.05 Mon l 連玉結 l コメント (0) トラックバック (0) l top
見返りなんて要らない
頭でなんて考えてない
ただ好きなだけ

こっちを見て欲しい
抱きしめていて欲しい
ただそれだけ

大声で泣き喚き
全身で欲しがって

誰よりもあなただけ
いつだってあなただけ

ただ好きなだけ

あの乱暴なまでの
初々しさを

どこへやってしまったのだろう

あの凶暴なまでの
愛し方は

どこへいってしまったのだろう

駆け引きなんて要らない
本能の動くまま
ただ好きなだけ

ただ好きなだけ
2007.03.05 Mon l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
酷く遠いようで

とても近い

長い道のりすら

あっという間だ


幾多の星に出会い

数多の町を越えた

巷の夢を見聞き

芥の屑さえ拾い

あなたの声を抱き

かなたに想いを馳せた


酷く多いようで

ほんの僅か

長い道のりさえ

旅の途中だ


まだまだ

旅の途中だ
2007.03.04 Sun l 日々の罅 l コメント (2) トラックバック (0) l top
変わらない
君の心に
罪はない
馬鹿なのは僕
違えた愛さ

隠し事
綺麗な嘘を
つくんだね
話し上手で
楽しいけれど

帰ろうよ
来過ぎてしまった
ついついと
橋を越えたら
旅は終えるよ

叶えたい
希望を抱いて
突き進む
遥かな未来は
誰も知らない

覚悟して
危険な道を
突っ走れ
ばいばい無難
単調な日々

杜若
綺麗な歌を
紡ぎ織り
はるばる来ぬる
千幾年も

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
杜若色

※からころも きつつなれにし  つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ(在原業平)


(2006/02/02)
2007.03.04 Sun l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
歩いて歩いて歩いて歩いて

どこまでだって

歩いて歩いて歩いて歩いて

ちょっと疲れたら

ひとやすみ

歩いて歩いて歩いて歩いて

ひとりでだって

歩いて歩いて歩いて歩いて

ちょっと気になれば


引き返す

歩いて歩いて歩いて歩いた

そんな午後
2007.03.03 Sat l 日々の罅 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆同じ格好で
皆同じ年齢で
同じ建物の中で
同じ日々を過ごした

笑いあって
楽しそうに
可笑しそうに
ときおり
ギクシャクしたりして
過ごしてきた三年間

今はもう
あの紺色の制服は
似合わない

それでも
同じ格好で
同じ年齢で
同じ建物の中
同じ日々を過ごした
あの仲間たちは

制服を脱いだ今でも
やっぱり
仲間なんだよ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
紺色


(2006/02/01)
2007.03.03 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょいといつもとは
違う景色さ
ちょいといつもとは
違う顔ぶれ
ちょいといつもより
気合いを入れて
ちょいといつもより
豪華にしたり

たまには
こんな日もあるさ

そりゃあ
こんな日もあるさ

ちょいといつもなら
やらないことを
ちょいといつもなら
会わない人と

そんなわけで
旅の下

こんなわけで
旅をした
2007.03.02 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
明日からは別の顔
僕たちの校舎
刻んだ思い出も
隠した言の葉も
取り出せない
取り出さない

明日からは別の顔
僕たちの世界
脱ぎ捨てた制服
置き去りの教科書
持ち出せない
持ち出さない

紙切れ一枚で
歌声一つで
明日からは別の顔

バイバイ

僕たちの巣箱
2007.03.01 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
苦しむだけなら
もう
殺してしまおう

安らかで穏やかな
想い出だけ残して

さよならと
言い残して

そう出来たなら良かった

哀しむだけなら
もう
屠ってしまおう

楽しくて暖かな
記憶だけ残して

さよならと
手を離して

そう出来たなら良かった

恋に破れ
夢に疲れ

それでもまだ

葬り去れない

2007.03.01 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top