FC2ブログ
心のままに
生きなさい
泣こうとも
喚こうとも
心のままに
行きなさい

己のままに
生きなさい
修羅の道も
獣の道でも
己のままに
行きなさい

ただ只管に
生きなさい
血塗られても
精根尽けども
ただ只管に
行きなさい
スポンサーサイト



2006.12.04 Mon l 花膳 l コメント (3) トラックバック (0) l top
きみが望むなら
咲き誇る薔薇の花束
零れ落ちる砂金の山
着尽くせぬほどの衣装
光り輝く宝玉
南の小さな島や
北の氷の山
東の珍らかな鳥
西の香り立つ花
燃え落ちる太陽
冴え渡る月
宝石の如き星
空を渡る虹
すべてを
きみの腕の中に
捧げよう

きみが望むなら
この心の臓も
捧げよう

けれど

きみが望むものは
一輪の薔薇
一粒の砂金
一緒に見る景色

きみが望むものは
きみを包む暖かな腕
包み込む確かな愛

2006.12.04 Mon l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top