FC2ブログ
ひとりきり川べりを歩く
どこか鄙びた景色の中を
子どもたちが水と戯れ
魚のように飛沫を上げる
古ぼけたバス停の
草臥れたベンチには
生まれた時からずっと
眠ったままのような猫
寝ぼけたような音を立てて
バスはただ通り過ぎていく
全ての輪郭が曖昧な
道端の雑貨屋では
どれも埃を被ったように
薄暗さをまとっている
詰まらなさそうな老婆が
軒先の向こうへと視線を飛ばし
歓声を上げている子どもたちを
見るともなしに見ていた
暑くもなく音も遠い
ただ眩しさだけ残る
夏に似た風景の中で
私は何かを見つけて
見つけたものが何か
分からぬままに目覚めた


スポンサーサイト



2006.11.16 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
独り寝の寂しき閨に夜満ちて

竹林を揺らす風の音を聴く

蒼く際立つ遠き山々

遠吠える者の哀しき響き

かつて枝を分けし銀色の獣

かの狼を憶えて鳴くか

彷徨いこんだ幻の犬に

独居の庇を貸して眠ろう
2006.11.16 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
と、いうわけで、このカテゴリ久々に使いました(笑)

今、タイトル縛りをやっております。お気づきの方いらしたでしょうか。
「あい」「いう」「うえ」「えお」~という始まり方をするタイトルをつけております。

しかも。

語尾も「あい」「いう」「うえ」「えお」~という終わり方をしております。

とはいえ、これ、非常に無理がありまして(笑)
「えお」はどちらも「えを」となっておりますし、今後、間に母音を挟むとか撥音、促音が加わるとか、そういうことになるかと思います。
「かき」が「かーき」になったり、「かんき」になったり、「かっき」になったりする、ということですね。

さて、どこまでできるやら(笑)
2006.11.16 Thu l カテゴリの説明 l コメント (0) トラックバック (0) l top