FC2ブログ
一枚の画布に
写し取るように
今日という日を
見つめていたい

晴れた空の遠さや
冴え渡る風の冷たさ

色づき始めた木々や
いとけない子の歓声

なんでもないような
特別な一日

絵を描くように前を
見つめて歩いていこう

どんな一日だって
同じ景色じゃないから


スポンサーサイト



2006.11.12 Sun l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
きみの冷たい指先を
つかまえた

空は快晴
風は透明
僕らの足は
秘密を目指す

凍える前に
もう一歩
僕の横においでよ
絡めた指よりも
もっともっと
あたためてあげる


きみの震える唇を
つかまえた

外は快晴
時は透明
僕らは互いの
秘密を目指す

溺れる前に
もう少し
僕の傍においでよ
啄ばむ唇より
もっともっと
震わせてあげる


恋は破壊性
きみは聡明

愛は意外性
僕らは共鳴


蕩けるために
もうずっと
僕の腕においでよ

秘密は
僕らの腕の中


(2005/10/17)
2006.11.12 Sun l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top