FC2ブログ
西の空を目指して

羊たちが帰っていく

柔らかな身体を

徐々にオレンジに染めて

太陽のトンネルの向こうに

暖かな寝床があるから

列をなして帰ろう

夜を背後に連れて

誰かの夢の中へ

草を食みに行こうか

それとも夢の前で

柵を飛び越えようか

蒼色の草原を

薄紅色の羊たちが通る

柔らかな秋風と

群青の夜を連れて
スポンサーサイト



2006.10.13 Fri l 贈花膳 l コメント (3) トラックバック (0) l top
真っ白な心に
一粒の雫が落ちて
広がっていく
それは優しさに
それは嬉しさに
触れるたびに
増えていく

真っ白な心に
幾粒の雫が落ちて
広がっていく
それは愛情に
それは喜びに
出会うたびに
増えていく

時に哀しみを
時に苦しみを
ひとしずく落として

時に悔しさを
時に虚しさを
ひとしずく垂らして

真っ白な心は
たくさんの雫が染めて
色付いていく
それは毎日を
それは人生を
生きるごとに
増えていく
2006.10.13 Fri l 贈花膳 l コメント (3) トラックバック (0) l top