FC2ブログ
雛鳥が飛び立つ
蝶々が羽化する
その最初の羽ばたきを
誰も強制できない

魚が川を上る
鳥が海を越える
その魂の奔流を
誰も制止できない

目の前に広がる
恐ろしいまでの世界を

見えぬほどに広がる
怖いほどの道程を

本能が逆らえぬように

人が足を踏み出す
人が指を広げる
その挑戦への渇望を
誰も邪魔は出来ない

胸が早鐘を打つ
足が重圧に震える
その挑戦への恐怖も
決意を揺らがせはしない
スポンサーサイト



2006.10.11 Wed l 贈花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
毛布を分け合って眠る
二人の上に半分の月
滴り落ちた夜露に
吐息を加えて飲み干す

どうせ溶け合えないから
二人は二人のまま眠る
手繰り寄せた温もり
隙間に忍び寄る夜風

星が流れ落ちても
願いは届かない
口に出せば出すだけ
終える前に消える


明日を分け合って決める
二人の上に半分の月
火傷するほどのラムに
バターを加えて飲み干す

たとえ同じでなくても
寄り添うことはできるから
絡ませあった掌
熱さが忍び込む心

夜が零れ落ちても
朝日は届かない
夢を見れば見るだけ
掴む前に醒める


夜の半分の二人
全てを分け合って眠る
月も星も夢も
ただ降り注ぐだけ


49:半夜
2006.10.11 Wed l 花膳 l コメント (6) トラックバック (0) l top