FC2ブログ
大丈夫
心配しないで

僕は行くよ
冒険に

扉を開けると
そこはいつだって異世界

おもちゃのような剣
ほんの僅かのコイン
地図はまだ小さい
それから魔法の呪文

たいていの勇者は
まずこの程度の装備

ほんとは広場か酒場で
仲間集めをしたいけど
今回の旅はひとまず
目的地に着くのが大事

最初の敵はモンスター
緑の羽根を震わせて
だけど剣を振るえば
飛んで行ってしまう

次の敵はケルベロス
レベルが足りないから
今の僕は太刀打ちできない
眠ってる隙に逃げよう

赤い太陽なら止まれ
青い太陽は進め
沼にかかる白い飛び石を
踏みながら向こう岸へ

誘惑の魔法のかかる
四辻で迷いながら
地図を頼りに右へ

ダンジョンの中もまた
魅惑の宝が招く
気をつけないと駄目さ
取っていいのは一つだけ

魔法の呪文を唱えながら
探してた薬草と
アイテムをゲット

最後のボスは魔女で
僕を見下ろして笑う
秘密の呪文をかけた
手にしたコインを渡そう

ダンジョンを抜けても
まだまだ危険は続く
家に着くまでが冒険

ほらまた赤い太陽

扉を開けたなら
お帰りと声がして
ママが抱きしめてくれる

無事に冒険を終えた
僕へのご褒美は
お釣りで買ったビスケットと
ママ特製のココア
スポンサーサイト



2006.10.06 Fri l 贈花膳 l コメント (5) トラックバック (0) l top
碧い空が落ちてきた

町も海も森も

山も川も人も

落ちた空に同化した

見上げなくても

隣に空

手繰らなくても

手元に空

ビルの隙間の

雲を突き抜けて

川に浮かんだ

虹を踏みつけて

碧色の中

掻き分けて歩く

海に辿り着いて

水中から見上げたら

波間に漂う太陽が見えた

吐き出した泡が

光を砕いて

太陽のかけらも落ちてくる


碧い空が落ちてきた

全てと空は同化した

そんなふうに

世界の果ては

すぐ傍にある


47:碧落

2006.10.06 Fri l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top