FC2ブログ
直接

木槌で叩いたように

骨が震える

感動に出会う


身体の芯まで

一色に

染み入るような

感動に出会う


私の骨は

そんな幾多の

感動に染まり


私の肉は

そんな幾多の

感動に震え


私の血は

そんな幾多の

感動に沸き立つ


そして

さらに白く

さらに赤く


私は

形作られていく


46:入骨(骨ニ入ル)
スポンサーサイト



2006.10.05 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝のホームで
偶然を装ってあなたの後ろ
おはようと声かけたくて
だけど言えないまま

乗り込んだ電車
窓の外眺める振りで
あなたの顔を見つめては
胸の中が熱くなる

秋の陽射し差し込む
揺れる電車の中
あなた想う私の
心も揺れて跳ねる


道を歩く時も
どこかに出かけていても
奇跡のようにあなたと不意に
逢えるように祈る

曲がり角の偶然
驚きをひた隠して
あなたの横通り過ぎては
胸の中熱くなる

秋の風が吹きぬける
香る花の木陰
あなた想う私の
心も弾み香る


明日の朝のホームで
偶然あなたに逢えたなら
何気なさそうな顔で
挨拶してみよう
2006.10.05 Thu l 贈花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top