FC2ブログ
全ての記憶を失くしたら
私は私といえるでしょうか
あなたのことを忘れ去り
自分が誰かも知らぬまま
それでも私といえるでしょうか

足を一歩踏み出せば
右も左も見覚えがなく
どこに向かうか分からずに
何があるかも知らぬまま
それでも歩いていけるでしょうか

鏡に映る顔さえも
自分で自分と分からぬまま
手足は確かに動くのに
それが己と知らぬまま
それでも不安は癒えるでしょうか

全ての記憶を失くしても
私は私でいられるでしょうか
昨日のことを忘れ去り
明日の行方も知らぬまま
それでも私は生きるでしょうか
スポンサーサイト



2006.09.21 Thu l 花膳 l コメント (3) トラックバック (0) l top
曇りの日も晴れの日も

あたしは空を愛してる

星降る空も雨降る空も

夕暮れ時も暁時も

宇宙まで届く青も

血に濡れたような赤も

塗り潰した灰色も

染み渡るような濃紺も

照り付ける太陽も

冴え渡る満月も

儚い虹のかけらも

縁だけが光る雲も

尾を引いて消える星

地平線で広がる太陽

穿たれた雲からの光の帯

まっすぐな飛行機雲

朝夕の七色に溶ける空の端

一点に消えていく雲の流れ

音もなく降る霧雨

音を吸い込む粉雪

突き立てるような紫雷

追い立てるような雷鳴

まだ見たことのない極光

まだ見飽きない空の色

あたしは空を愛してる

あたしはこの星を愛してる


35:陰晴
2006.09.21 Thu l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top