FC2ブログ
不思議にあなたの夢を見る
火曜日のわたし
目覚めてもなお
隣に気配だけ残して

無造作に活けた花
窓辺に置いたグラス
硝子越しに朝日を浴びて
部屋の中を水と光で満たす

天井で揺れる光に
夢の残滓が過ぎる
続きを見ていたくて
閉じた瞼にも光


遠ざかるあなたの夢を追う
火曜日のわたし
どこだってもう
行かれない世界はないけど

無秩序に並んだ街
身軽に跳ねる月面
鏡越しに姿を見ても
プディングに似て喉を滑る

覚醒に揺れる背中に
夢のしずくを垂らす
続きが見当たらなくて
閉じた瞳にもしずく


あなたの夢を見ている
火曜日のわたし

目覚めてもなお
それだけを覚えている



「火曜日の夢」
スポンサーサイト



2006.09.12 Tue l 贈花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
どうしようもなくて
奈落の底に落ちていく
醜い気持ちとともに
なんとも出来ずに落ちていく

縋るものもなくて
名前もなしに落ちていく
見難い世界の中を
なんにも出来ずに落ちていく

堕ちていく
墜ちていく
どこまでも落ちていく

落ちるしかなくて
失墜感に身を任す
住み難い日々の波間を
なんともなしに落ちていく

いつか激突する日まで
やがて砕けるその日まで


27:無奈(奈ントモスル無シ)
2006.09.12 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top