FC2ブログ
打ち上げ花火に掴まって
月まで飛んでいこう
銀河を渡る船がほら
ぼくらを待って泊まってる

赤い赤い火星に行こうか
それとも不安な冥王星へ
いっそアンドロメダまでも

発着場から船出して
星まで漕いでいこう
星々を繋ぐ汽車がほら
ぼくらを待って停まってる

遠い遠い果てまで行こうか
それとも不思議なホールの中へ
いっそ時空を超えてまで

汽笛を鳴らして汽車が出る
どこまで乗っていこう
星系を跨ぐ夢がほら
ぼくらを待って止まってる

長い長い旅に出ようか
それとも青い故郷の星へ
いっそ気のまま足のまま

名も無い星まで行ってみようか
太陽忘れて行ってみようか

ぼくらを待って留まってる
夢の果てさえ超えてみようか
スポンサーサイト



2006.08.31 Thu l 花膳 l コメント (4) トラックバック (0) l top
雨の日には読書を

曇り空越し

降り注ぐ青い光の中で

雨の日には読書を

窓ガラス越し

水槽の中に潜むように

拡散した雨の光と

灯りをひとつ


雨の日には読書を

ページが指に馴染んで

隔たりがなくなるから

雨の日には読書を

水の中の私と

文字だけの世界が溶け合う

眩暈の青い光と

灯りの中で



19:青灯
2006.08.31 Thu l 花膳 l コメント (4) トラックバック (0) l top