FC2ブログ
夜空に白い雲
時折光る
色とりどりに

遅れて届く
重低音

東の河畔では
埋め尽くした人が
漏れなく空を
見上げてるんだろう

私は遠い
空の下で
遅れて響く
音を聞く

時間を置いて
やはり遠くから
今度は西の
高台の方で

白い雲を
光らせながら
音と光が
同じリズムで
私のもとに

芝生の上で
多くの人が
やはり空を
見上げてるんだろう

それが終われば
また別の場所で
今度は北の高台で

どの場所も
山や建物に
僅かに阻まれ

かすかな光と
僅かな火花しか
届いてはこないけど

きっと私は
今宵の夢で
花火の真下にいるだろう
花火の真上にいてもいい


そう希った
花火の夜に
スポンサーサイト



2006.08.05 Sat l 日々の罅 l コメント (0) トラックバック (0) l top
降り注ぐもの
全てを濡らしていくもの
全てをおおっていくもの
全てを照らしていくもの
天上から降りてくる
全ての恵み

降り注ぐもの
全ての花咲けるもの
全ての歌唄えるもの
全てを撫でていくもの

雨も雪も陽射しも
花も鳥も風も
享受するものの胸が
その意味を決める

浄化するもの
今の私の
この胸はそう
決めた

降り注ぐもの
あなたの上には
なにが降るのだろうか


                   (2005/07/01)



2006.08.05 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top