FC2ブログ
ひざしの中にいたっけ

まばゆい笑顔のあなた

わすれないでと問えば

りふじんだと言わんばかり

ばいばいなんてしたりしないわ

ただふたりあなたといま

けがれないほどの夏のひ
スポンサーサイト



2006.07.26 Wed l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
硝子の鳩は
冷凍庫の中
つめたく冷やされ
摂氏を侘びる

切子のグラスは
月涙を満たし
冷えた小鳩が
余情を謡う

夏の夜情に
とても似合った
澄んだ硬音が
グラスに響く

微々たる羽毛は
氷の結晶
噛み砕かれて
涼気を満たす

猟奇にも似た
真夏夜の宴
月星花火は
透明の彼方

灯明の影で
絵になる鳩は
夢に羽ばたき
凍って眠る
2006.07.26 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top