FC2ブログ
傘のないあたしに
あなたが不機嫌に一言
一緒に入ってく?
差し出す傘に飛び込んだ

体中でどきどきして
雨音がダンスして
火照る頬隠しながら
歩き始める


ぎこちない二人の
あいだは指二本分
滴る雨だれに
二人の肩が濡れていく

近寄りたい 近寄れない
雨音はダンスする
喋らない二人の影
水溜りに映る


通り過ぎた車が
飛沫で足元を濡らして
文句がハモって
思わず笑い出したの

笑いあって 顔あわせて
足取りも軽くなる
少しだけ近づいた
二人の隙間


それじゃここでホントは
まだまだ歩いてたいけど
それじゃあまたねと
あなたは去っていくの

楽しかった 嬉しかった
ありがとうと言い損ねた
後ろ姿見送った
あなたが振り向く


微笑んで 近づいた
どうしたの? なにを言うの?

驚いたあたしに
微笑ったままの顔で
あなたの指が
私の後ろを指した

並んで立つ二人の傍
雨音がダンスする
光る空いっぱいに
大きな虹が見える

それじゃまたね また明日ね
閉じた傘を振った背中に
光る空いっぱいに
大きく手を振ったの
スポンサーサイト



2006.06.28 Wed l 花膳 l コメント (4) トラックバック (0) l top
Love painful love
あなたがくれた痛みは
時に甘く
Love painful love
ここから逃げ出すことも
他の誰を愛することも
なにひとつ叶わず
ただ あなた一人だけを
見つめることだけ
紅い月の 氷のような炎を浴びて
眠りにつくのね


Love painful love
風が二人を包んで
隠していく
Love painful love
遠くに見える景色は
戻れない日の街並み
なにひとつ届かず
ただ あなたと二人きりで
抱きしめあうだけ
紅い月が 脆く崩れる舟のように
運んでいくのね
2006.06.28 Wed l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top