FC2ブログ
私の逡巡が
熱帯夜の薄闇の中で
私の躊躇は
密度の濃い空気の中で

天高く上った
太陽に照らされて
これ以上ないほど小さな
私の影は

歩くたび揺れる
陽炎に包まれて
これ以上ないほど微かな
私の影は

この一番短い夜の中で
立ち尽くすように紛れる
スポンサーサイト



2006.06.21 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
私は誰
此処は何処

此処は
言葉の世界
言葉だけの世界

私も
言葉の存在
言葉だけの存在

私は誰
不詳を目指した
負傷を忌避した

此処で私は
自ら好んで
名前を隠し
性別を暈かし
年齢を消して
姿を持たず

けれど
責任は持って
言葉と対峙した

私という一個人
言葉だけで表す
私という一思想
言葉だけで著す

そして私は

忌避したものを
受けてしまった

そして私は

隠したゆえに
当て嵌められた


私は誰
誰だと思う

此処は何処
何処だと思う


貴方は何故
私を見ない

姿なき者とて
嵌める型が違えば
抗うものを

貴方は何故
誰かと紛う

言葉を尽くして
届かぬことを感じ
戸惑う者を


私は誰
彼には非ず

私は誰
彼女にも非ず


私は私
信じなくとも

私は私
此処に居る
2006.06.21 Wed l 日々の罅 l コメント (2) トラックバック (0) l top