FC2ブログ
分厚い本を片手に
紅茶を飲みながら
過ごす午後

窓の外には青空
穏やかな風が
吹いていく

今ここにあるのは
一つの風景じゃなくて

今ここにあるのは
数え切れない物語


身を凭せ掛けた椅子が
不満に似て軋む
そんな午後

読みかけのページに
二人連れの旅人
空を見る

今そこにあるのは
ただの文字の配置じゃなくて

今そこにあるのは
止まらないほどの物語


そしてやがて
境界は曖昧になり
いつかやがて
世界は融和していく


今ここにあるのは
本と読む人ではなくて

今個々を隔てぬ
数え切れない物語
スポンサーサイト



2006.06.20 Tue l 日々の罅 l コメント (3) トラックバック (0) l top
可愛くなりたい
あなたのために
そして
あたしのために

適度に甘えて
適度にわがまま

笑顔を咲かせ
時には泣いて

だけど
自分の足で立つ

それが可愛いのか
可愛くないのか

あたしには分からない

可愛いなんて
便利な言葉で
どんなものにも
使えるんだって
思ったりするけど


可愛いってなに
分からないけど
だけど
可愛くありたい

意地張ってばかり
我を張ってばかり

大人のフリして
時には耐えて

けして
他人を頼らない

それが可愛くないと
言われることでも

あたしには分からない

可愛いなんて
自由な言葉で
誰も定義を
知らないんだって
思ったりするけど


分からないけど

可愛くなりたい
あなたのために
それより
あたしのために
2006.06.20 Tue l 花膳 l コメント (6) トラックバック (0) l top