FC2ブログ
藤樹庵さんは
老舗の和菓子屋
今日もわりかし繁盛してる

隣にあるのは
老藤の大樹
そろそろ花が綻び始めた

下には斑の
老猫が眠る
実は年経て尻尾が二つ

藤の向こうには
老人が住む
悠悠自適のご隠居暮らし

さてさてそこで
話が始まる

今宵辺りは
宴の気配
老猫のったり
片目を開けて
老藤の幹と
会話を交わす


空に浮かんだ
細めの月は
地上に降りて老猫の細目

夜に浮かんだ
匂い立つ花は
人に転じて匂い立つ美女

ご隠居こっそり
自宅を脱け出て
猫と藤との宴に混じる

気配に誘われ
宴は佳境
人であるもの人ならぬもの

さてさてそれでは
話を継ごうか

今宵の宴の
主役に沿うた
あの女童
囀り歌う
それに合わせて
花は零れる


藤樹庵さんには
美味しい和菓子
そして美味なる綺譚がひとつ
スポンサーサイト



2006.05.02 Tue l 一枚の茶葉 l コメント (2) トラックバック (0) l top
きみと一緒には走っていけない
置いて行っていいよ
風のように速く

きみと一緒には進んでいけない
違う道でもいいよ
擦れ違うより遠く

きみと一緒の夢は見れない
明日を選んでいいよ
ただ自分のために


泣きたい夜
憂鬱な朝
わずかな孤独
ひそやかな溜め息

一緒に感じてくれたら
遠くにいてもきっと


いつも一緒にはいられない
だからこそいいよね
抱きしめあうより深く

時には一緒に眠りたい
そんなこともあるよね
子どものように泣いて

きみと一緒に笑いたい
例え二人が違っても
恋人よりも甘く


心の片隅
想いの欠片
ほんの指先
ささやかなぬくもり

一緒に感じられたなら
離れていてもきっと


だからただ
きみと一緒の想いが欲しいよ
どんなカタチでも
どんなコトバでもいいよ

それだけは
一緒がいいよ
2006.05.02 Tue l 贈花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top