FC2ブログ
菜の花に隠れた
白い蝶を追った
春風が優しく
雲のない青空を
通り過ぎてく

開き始めた桜
枝先で微笑んでた
ひだまりの下には
小さな花々

歩いていこう
どこまでも

きみに春を伝えに


上着なんて脱いで
窓ならば開け放そう
春風がふわりと
眠たげな街並みを
包み込んでた

立ち止まった人が
空を見て微笑んでた
木漏れ日の下には
まどろんだ仔猫

歩いていこう
どこまでも

誰かに春を告げに


空を横切るツバメ
どこかの軒先で鳴く
春風は柔らかに
青を映す田んぼを
揺らしていく

芽吹き始めた草が
鮮やかにに微笑んでた
太陽の下には
幾つもの誕生

歩いていこう
どこまでも

世界に春を歌いに


歩いていこう
どこまでも

全てに優しくなれる

世界に微笑みを
スポンサーサイト



2006.03.17 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
きみがあたためている
そのタマゴ
大事に持って
巣立っていこう

きみはまだ小さな雛鳥
だけどももう
自分の力で
羽ばたいていける

着つづけていた産毛を脱ぎ捨て
守られていた巣箱を去るんだ


夢や希望を抱きつづけて
いつか孵化するその日まで
大事に持って
歩いていこう

きみはまだ小さな雛鳥
だけどもう
目指した場所へ
羽ばたいていける

一緒に過ごした仲間にさよなら
いつかまたどこかの空で


2006.03.17 Fri l 花膳 l コメント (6) トラックバック (0) l top